シロアリに注意

シロアリが住宅に侵入してくるのを避けることができない場合もあります。ですから、定期的な調査をしてもらうことが大切なのです。ここではシロアリが発生しやすい理由や気をつけておきたいことを紹介していきます。

水源が近いとシロアリも集まりやすい

シロアリ

床下の低さ

床下が低いと、空気が取り込まれにくい環境になってしまいます。空気の入れ替えが容易にできないと、湿気が溜まり続けてしまい、シロアリにとって良い環境ができあがってしまうのです。また、調査もしづらいのでシロアリ駆除の際に苦労してしまいます。

押し入れ

押し入れも意外とシロアリが発生しやすい場所です。もし押し入れがカビ臭いという場合は、一度押し入れをチェックすることをおすすめします。シロアリはカビの臭いに敏感であるため、余裕があれば調査と掃除もしておきましょう。

木材が水に濡れる

水分を含んだ木材は、さらにシロアリに狙われやすくなります。シロアリは乾燥に弱いため、湿気のあるところを好むのです。もし、木材が濡れていたらそこには湿気が多くなります。よってシロアリは寄ってきやすくなるのです。

住宅周辺に川や井戸がある

周辺に水源があると、それだけ湿気も多くなってしまいます。水源付近の土の湿気はかなり多めだといえるでしょう。周辺環境を改善することが難しい場合は、3年に1回は住宅にシロアリがいないか調査をしてもらうという方向で対応するのが無難です。